fc2ブログ
気になっていた金谷ホテル歴史館に行ってきました。
日光金谷ホテルベーカリー&レストランに併設されていました。



2022-08-22(月)
DSC02162.jpg

1870年(明治3年)アメリカ人宣教医ヘボン博士が日光を訪れた際に自宅を宿として提供したのが日光東照宮の雅楽師を勤めていた金谷善一郎さん 日光を訪れる外国人の増加を見越した博士は外国人専用の宿泊施設をつくることを進言。この言葉を受けて自宅を改造して「金谷カテッジイン」を開業したのが、日本初の西洋式リゾートホテル日光金谷ホテルの始まりです。

金谷家の家屋は江戸時代には武士が住んでいたことから外国人客の間ではSamurai House (侍屋敷)と呼ばれていたそうです。
140年以上たった今日まで当時と同じ場所に保存されています。




↓道中の様子はこちら
2022.09.24 Sat l 日光市内 l コメント (0) l top
新型コロナウィルスの自粛で貯まっていた楽天のポイントを使い、温泉でのんびりすることにしました
体力の温存も考慮して夏の奥日光三名瀑に行ってきました。



2022-08-21(日)
DSC02054.jpg

奥日光三名瀑は、日本三名瀑でもお馴染みの「華厳の滝」、奥日光の紅葉で有名な「龍頭の滝」、隠れた名瀑「湯滝」です。

夏の滝巡りは、深緑とのコラボレーションも相まって見ごたえ十分でした。






↓道中の様子はこちら
2022.09.20 Tue l 日光滝巡り l コメント (0) l top
2年ぶりの日光白根山へ行ってきました。




2022-08-11(木)山の日
活動再開したら、目指すはやっぱり日光白根山

DSC02021.jpg

久しぶりの山歩きは推進力が落ちたのか時間がかかり山頂滞在時間があまりありませんでしたが、無事に帰ってこれたことに一安心です。






↓道中の様子はこちら
2022.09.05 Mon l 日光白根山 l コメント (0) l top
尾瀬初探訪にあたり、春の訪れを告げる水芭蕉そして夏の訪れを告げるニッコウキスゲは外せないと思い計画しました。



前回の教訓を踏まえ尾瀬夜行日帰りで大江湿原/尾瀬沼散策です。

DSC01938.jpg

最盛期は過ぎてしまったようでしたが十分に見ごたえのある山歩きでした。
天気が良かったせいもあるけど、尾瀬は夏がよく似合いました。





↓道中の様子はこちら
2022.08.30 Tue l おまけ l コメント (0) l top
尾瀬初探訪後半戦は、足のダメージの残る中無事に家に辿り着く事を目指しつつ、尾瀬初探訪を味わいました。




東電小屋ルートが水芭蕉の見頃と教えてもらったけど、先行き不安につき今回は見合せることにして最短コースで鳩待峠を目指しました。

2022-6-13(月)
DSC01893.jpg



さまざまのメディアで紹介されている尾瀬はこれ!というルートでした。
鳩待峠から入山して山の鼻を目指し尾瀬ヶ原を散策、日帰りでも山小屋にお世話になるのもありの尾瀬を満喫できるコースでした。







↓道中の様子はこちら
2022.08.18 Thu l おまけ l コメント (0) l top
新型コロナウィルス自粛も早いもので2年が経過
あとどれくらい元気で山歩きが楽しめるのかと考えた時に自粛明けを待っていられないと思い立ち再開することにしました。




再三訪れている日光もいいけどと、苦慮しているときに思い立ち尾瀬に行くことにしました。
昔は日光国立公園の仲間 尾瀬夜行も運航しているので尾瀬初探訪です。

2022-06-12(日)
DSC01799.jpg

尾瀬と言ったら「水芭蕉」
今年の冬は雪が多く開花も遅くなるとの情報があったので6月中旬にしてみました。
最盛期がいかようなのかわかりませんが一面水芭蕉のお花畑で楽しい旅でした。





↓道中の様子はこちら
2022.08.09 Tue l おまけ l コメント (0) l top
日光三社大権現巡りの後は紅葉を独り占めすべく憾満ヶ淵へ




周辺に人気スポットが集中しているので訪れる人もまばらです。

2021-10-30(土)
DSC01717.jpg

「もう一つの日光」と言われている信仰の深さを感じられる
ゆっくりと日光の紅葉が味わえるおすすめの場所です。






↓道中の様子はこちら
2022.08.04 Thu l 日光市内 l コメント (0) l top