fc2ブログ
倉敷再訪問です。
2017-11-20(月)~23(祝)


DSC04982.jpg

児島虎次郎記念館移転に伴い
一時閉館 名残惜しく再度訪問しました。

鷲羽山展望台からの
瀬戸内の夕日も綺麗でいい時間でした。

宿泊は倉敷国際ホテル
大原家ゆかりの場所で日本を代表する
作家棟方志功さんの作品が鑑賞できます
夜行バスに揺られやってきました倉敷
駅舎の風景も見慣れた景色になってきました。


DSC04802.jpg

今回の旅の目的は
① 鷲羽山展望台で瀬戸内の夕日を堪能すること
② 倉敷国際ホテルに宿泊することです。

軽く朝食をとり出発です。


DSC04803.jpg

電車とバスを利用して
まずは児島虎次郎さんの
生まれ故郷の美術館を目指します。


DSC04807.jpg

着きました。高梁市成羽美術館
秋の特別展 
近代日本洋画の歩み-山岡コレクションとともに-
開催中でした。


DSC04811.jpg

モダンな様式の美術館は
著名建築家安藤忠雄さんの設計だそうです。


DSC04824.jpg

とんぼ返りで倉敷へ
レンタカーを借りて
ちょっと遅いランチをとりにせとうち児島ホテルへ


DSC04828.jpg

いい景色 さすが夕景百選
丁度良い位置に夕日が落ちていく。


DSC04836.jpg

鷲羽山展望台 
定番の石碑 「島一つ土産に欲しい鷲羽山」
ほんと、その通り。 座布団一枚!!


DSC04846.jpg

これぞ絶景!! 鷲羽山山頂
岬につき出ているので270度絶景といった感じ。


DSC04851.jpg

ひっきりなしに人が訪れていました。
この景色ならうなづける。


DSC04865.jpg

足を延ばして瀬戸大橋が正面に見える見晴らしへ
マジックアワーと重なりいい雰囲気


DSC04882.jpg

はるばる訪れた甲斐がありました。
お天道様に感謝 それにしてもいい眺め。


DSC04885.jpg

撮ってみました。ダイアモンド瀬戸大橋
こんな景色見てたら気持ちがワクワク
また来ます。いつの日か…


DSC04915.jpg

ちょっと奮発
念願の倉敷国際ホテル宿泊です。


DSC04917.jpg

調度品も落ち着いた雰囲気
外国のお客様も大勢宿泊していました。


DSC04922.jpg

レストランウィステリア
料理もお酒も朝のバイキングも文句なし
一人旅にはちょっと贅沢?


DSC04924.jpg

夜の街の散策へ 目指すは郷土料理「浜吉」
御主人のお薦めのままにお刺身に舌鼓
さわらも生エビも美味しかった

ほろ酔い気分でホテルのバーにも寄り道
カクテル「Tequila Sunrise」呑んでみました。


DSC04930.jpg

おはようございます 気持ちのいい朝でした。
朝食の前に館内散策です。


DSC04928.jpg

いつもは下から見上げる棟方志功さんの大作

3Fからの眺めは やっぱり大迫力
完成の暁に大歓声で喜んだのもうなづける
倉敷が育てた日本を代表する作家 棟方志功さん


DSC04933.jpg

2Fからの眺め
それにしても圧倒的な存在感

倉敷に来たらこれを見ずして帰ることなかれ!!


DSC04936.jpg

ホテルロビー中央に鎮座する備前焼の壺
威風堂々 
世界に誇る倉敷の国際ホテルの冠にふさわしい佇まい


DSC04937.jpg

喫茶 ホール入り口では大原家ゆかりの洋画家
児島虎次郎さんの習作がお出迎え


DSC04938.jpg

こちらにも虎次郎さんの習作が…
ミラバケッソとの競演 執務机は当時のもの?


DSC04939.jpg

楽しいホテルライフでした。
倉敷で宿泊と言ったらやっぱりここしかない。
また来ます。倉敷国際ホテル


DSC04945.jpg

ホテルと地続き大原美術館
宿泊と大原美術館の入館券のセットがあるので
買いに行く手間が省けて便利です。


DSC04948.jpg

朝の散策にうってつけ
新渓園の庭から大原美術館別館を望む


DSC04949.jpg

大原美術館 別館

日本を代表する洋画家の作品が目白押し
進化する美術館らしく
近代美術の作家さんの作品も興味深いものがある。


DSC04951.jpg

あいにくの天気でも気持ちの良い空間
天気が良ければゆったり過ごす至福の空間


DSC04960.jpg

新渓園の庭を眺めて一休み
何だかいい雰囲気… でしょ?


DSC04964.jpg

大原美術館敷地内にある新渓園
様々のイベントに利用されて
市民の憩いの場になってるそうです。


DSC04968.jpg

門構えもいい雰囲気


DSC04969.jpg

工芸館・東洋館

柳宗悦と共に民藝運動を推進した
バーナード・リーチ、河井寛次郎、濱田庄司、
芹沢けい介、棟方志功さんの作品が
作家さんごとに展示され見ごたえ十分です。


DSC04970.jpg

中庭の堀にはモネとの友情の証?
モネのアトリエの庭より株分けされた睡蓮が…
只今、冬眠の真っ最中


DSC04973.jpg

おなかもすいてきたので腹ごしらえ

料理旅館「鶴形」にて季節のランチに舌鼓
味はもちろん、お店の雰囲気も文句なし
ゆったりとした至福の時間を過ごせました。


DSC04977.jpg

アイビースクエアー内にある児島虎次郎記念館

年内で閉館とのこと 名残惜しく再訪問です。
大原家の裏手に移転するそうで、再開が待ち遠しいです。


DSC04978.jpg

隣接の倉紡記念館

ここにも、棟方志功さんの作品が…
士気を高め、鼓舞するような勢いのある作品です。


DSC04980.jpg

ここが児島虎次郎記念館の移転先
2020年の再開が待ち遠しいです。


DSC04981.jpg

すぐそこが、大原邸そして大原美術館
あるべき場所に帰ってきた感じがするのは自分だけ?


DSC04982.jpg

大原美術館 本館
洋画家児島虎次郎さんと大原孫三郎さんとの
間にある絆に思いを巡らしつつ絵画鑑賞です。


DSC04984.jpg

知れば知るほどまた来たくなる倉敷
今回も思い出深いいい旅でした。

今日も郷土料理「浜吉」に立ち寄り
深夜バスで家路へと向かいます。



最後までご覧いただきありがとうございました。
あなたにとって良い一日でありますように…
2017.11.20 Mon l おまけ l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿