fc2ブログ
尾瀬初探訪にあたり、春の訪れを告げる水芭蕉そして夏の訪れを告げるニッコウキスゲは外せないと思い計画しました。



前回の教訓を踏まえ尾瀬夜行日帰りで大江湿原/尾瀬沼散策です。

DSC01938.jpg

最盛期は過ぎてしまったようでしたが十分に見ごたえのある山歩きでした。
天気が良かったせいもあるけど、尾瀬は夏がよく似合いました。





↓道中の様子はこちら
ドメイン取るならお名前.com


欲しいと思ったらすぐ買える!楽天市場は24時間営業中








尾瀬夜行は二回目ということもあったのか疲れていたのか気がついたら駅に到着していました。

DSC01918.jpg
沼山峠の到着時間は午前6時トイレを済ませて、いざ出発です。

DSC01924.jpg
行きは素通りも、帰りは大助かりのベンチ

DSC01925.jpg
大江湿原にやってきました。
ニッコウキスゲは朝が早いのかつぼみ多く見受けられました。

DSC01926.jpg
お目当てのニッコウキスゲ
ピークは過ぎていたようですが、尾瀬の夏の訪れを告げるにふさわしい姿でした。

DSC01931.jpg
こちらの花は、「コバキボウシ」かな?

DSC01933.jpg
青い空がよく似合う

DSC01938.jpg
夏の尾瀬は人気なようでたくさんのハイカーの人が通り過ぎていきました。

DSC01943.jpg
「コオニユリ」?存在感抜群です。

DSC01948.jpg
三本の木は尾瀬沼の象徴

DSC01950.jpg
草木の緑も深まり山歩きには最高の季節

DSC01954.jpg
道中より燧ケ岳を望む

DSC01960.jpg
尾瀬沼に映る逆さ燧ケ岳

DSC01961.jpg
清々しい景色 尾瀬沼の象徴の三本の木をこちらから

DSC01962.jpg
燧ケ岳と尾瀬沼のコラボレーションは絶景 いい天気があれば文句なし

DSC01964.jpg
湖面が鏡のよう 尾瀬沼に空が広がる

DSC01970.jpg
三平下の尾瀬沼休憩所にて折り返しです。入口に水を汲める場所がありました。

DSC01974.jpg
キノコそばをいただきました。 光の加減も相まっておいしそう そして美味しかった。

DSC01975.jpg
夏の尾瀬を満喫しおなかもいっぱいになり鋭気を養ったところで、沼山峠を目指して山歩き再開です。

DSC01979.jpg
尾瀬沼の拠点に戻ってきました。
こちらには尾瀬沼ビジターセンターがあり尾瀬沼ヒュッテそして尾瀬沼最古の山小屋の長蔵小屋があります。

DSC01980.jpg
こちらは旧尾瀬沼ビジターセンター ここにも水くみ場がありました。
近くに新設の尾瀬沼ビジターセンターがあり情報の発信をしています。

DSC01981.jpg
時間に余裕があるので腰を下ろしてお茶でも飲もうかと立ち寄ると売店でした。
何を思ったのか普段あまり飲まないビールを買い求めて尾瀬の風を感じながら味わいました。

ポップで知ったのですが尾瀬沼ヒュッテの先に軽食喫茶をできる場所があるようです。

DSC01983.jpg
山歩きの最中にお酒を飲んではいけないことを身をもって知ることになりました。
酔いが回り集中力を欠き爽やかな尾瀬の景色が台無しです。

DSC01984.jpg
早朝はつぼみの多かったニッコウキスゲも日の光とともに花開くのかと思いましたがそれほどでもありませんでした。
7月最後の週末は見頃を過ぎてしまったようです。

DSC01987.jpg
久々のお酒は思いのほか効きました。千鳥足で沼山峠を目指します。

DSC01993.jpg
道中で尾瀬沼を一周してきたという人と出会いました。
かなりヘロヘロで疲れ切っていましたが尾瀬沼の展望で朝見かけた人なのでかなりの距離を短時間で歩いたようです。静岡から昨日の午後5時に車で出発して尾瀬に立ち寄り温泉に入って静岡に戻るといっていました。帰りに大助かりのベンチが大いに助かりました。


夏の尾瀬はニッコウキスゲを始めとしたたくさんの花が咲き風光明媚な楽しい山歩きが満喫できる場所でした。

 


ランキング参加中



WordPress専用クラウド型レンタルサーバー『wpX Speed』


年間販売実績100万箱、元祖くず餅【船橋屋】






最後までご覧いただきありがとうございます。あなたにとって今日という日が最良でありますように。
2022.08.30 Tue l おまけ l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿