fc2ブログ
11月3日は、日光市内紅葉の最盛期
今年は仲間を誘い市内の紅葉の名所を歩いてみました。



11月3日(木祝)
DSC00455_20221124035617ea6.jpg

天気に恵まれ紅葉狩り日和となり、楽しい一日でした。

渋滞が予想され徒歩中心の行程を組みましたが、市内観光のため導入されたグリーンスローモビリティが思いのほか有効なのが分かりました。 「東武鉄道デジタルチケット Nikko Mass」優れものです。

日光の玄関口の「神橋」より本宮神社に参拝をして、最初の紅葉の名所は「日光山輪王寺 逍遥園」そして一番の見どころは「日光田母沢御用邸記念公園」 金谷ホテルベーカリーで昼食をとり「KANAYA SAMURAI HOUSE」に立ち寄り、グリーンスローモビリティを利用して「憾満ヶ淵」へ、グリーンスローモビリティで西参道に戻り二荒山神社に参拝をして市内の紅葉巡りの行程を終了しました。






↓道中の模様はこちら
ドメイン取るならお名前.com


日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場








DSC00435.jpg
路線バスを待ち切れず、歩いて神橋を目指す事にしました。
日光連山の山並みは残念ながら雲隠れ

DSC00436_202211240355149b2.jpg
神橋での出迎えは幕末新政府軍の大将「板垣退助像」
日光山の僧侶との折衝の末、新政府軍は会津の地へ

DSC00437_20221124051603f01.jpg
日光の玄関口「神橋」
神様が渡るための橋 先の参道より二荒山神社へと通ずる

DSC00439_202211240355175d7.jpg
日光山の開山の拠点「本宮神社」「四本龍寺」にお詣り

DSC00441.jpg
紅葉巡り第一弾は「日光山輪王寺」

DSC00443.jpg
三仏堂にお参りします。
千手観音・阿弥陀如来・馬頭観音の三体の大仏(高さ7.5メートル)がご本尊さまとしてお祀りされています。

DSC00445.jpg
お参りを終え三仏堂を出たところに見事な木々の彩りが…

DSC00452_202211240355530f8.jpg
併設の日本庭園「逍遥園」にやってきました。
入口は「日光山輪王寺の宝物殿」暫しフリータイム

DSC00448.jpg
流石は紅葉の最盛期 彩りにも勢いが感じられる

DSC00450.jpg
自然の織りなす彩りとは違った趣きが

DSC00451_2022112403555391a.jpg
暫し、逍遥のひと時を…

DSC00454_202211240355557a8.jpg
赤と緑のコラボレーションがいい感じ

DSC00455_20221124035617ea6.jpg
日本の秋 第一弾

DSC00456_2022112403561977b.jpg
日本の秋 第二弾

DSC00457_20221124035622a3a.jpg
日本の秋 第三弾

DSC00465_202211240356245f1.jpg
グリーンスローモビリティを待ち切れず、御用邸通りを歩いて日光土産の定番「甚五郎煎餅」の石田屋本店に立ち寄りやって来ました。田母沢御用邸記念公園

DSC00467.jpg
御車寄せが入口です。

DSC00469.jpg
先ずは内覧
田母沢御用邸は、大正天皇が幼少期より過ごされた縁の深い処 明治期の銀行家の建てた別荘の跡に紀州徳川の江戸屋敷を移築して大正天皇即位の際に増築された時代を跨いだ見どころ満載の場所です。

DSC00470.jpg
各部屋毎に思考を凝らした照明器具も見所の一つ

DSC00472_20221124035652e42.jpg
こちらは御食堂
照明も立派ですが、ここでの見どころは床の寄せ木細工

DSC00473_2022112403565282a.jpg
御食事の後はビリヤード

DSC00474_20221124035654d57.jpg
道具もつ調度品も一級品

DSC00475.jpg
大正天皇の即位に合わせて増築された謁見所
圧迫感を減らすため外廊下に傾斜をつけてあったり、障子の張り方に工夫がみられ障子の桟に指に負担がかからないようにと面取りがしてあります。

DSC00477_20221124035728dbd.jpg
謁見所内も匠の技がそこかしこ
木材も床柱に日光杉の四面が正目の超一級品が使われるなど見どころ満載

DSC00478.jpg
御庭の様子も静かな趣が…

DSC00479_20221124035732ddb.jpg
江戸時代にタイムスリップ
移築された紀州徳川江戸屋敷に移動してきました。

DSC00480_20221124035735395.jpg
お抱えの狩野派の絵師の描いた絵が壁一面にお出迎えしてくれます。

DSC00484.jpg
3種の神器の勾玉と剣が収められる御用邸中央の一番神聖な場所

DSC00487_20221124035806d1c.jpg
銅板葺の屋根も見所の一つ

DSC00495.jpg
御用邸一番の神聖な場所の下の空間もこれ又、神聖な場所

DSC00496_20221124035846aff.jpg
御庭の様子もこれ又、一番の特等席

DSC00502.jpg
明治期の銀行家の建てた別荘跡は、皇后様の居室や生活空間になっています。

DSC00503.jpg
居室からのお庭の様子も格別

DSC00504_20221124035927f5a.jpg
こちらは皇后様の居室 照明器具も皇后様仕様

DSC00505.jpg
内覧を終えてお庭に回ってきました。木々の彩りも最高潮

DSC00507.jpg
謁見所と木々の彩りの調和も見事

DSC00509.jpg
大正天皇の即位の際に増築された匠の技と想いの詰まった謁見所

DSC00510.jpg
田母沢御用邸の春の主役しだれ桜も今は引き立て役

DSC00511_2022112403593528b.jpg
明治時代にタイムスリップ

DSC00513.jpg
タイムスリップ 第二弾

DSC00517_20221124040004192.jpg
暫し腰を下ろして木々の彩りのシャワーを… 至福の時間

DSC00522.jpg
日本の秋がそこかしこ

DSC00524_20221124040033e7a.jpg
日光市内の紅葉巡り第二弾は、日光田母沢御用邸記念公園でした。

DSC00529.jpg
時刻はお昼時、最寄りの金谷ホテルベーカリー&レストランへ

DSC00531_20221124040041228.jpg
日光市内の紅葉巡り第三弾は隣接の金谷ホテル歴史館です。

DSC00533_20221124040104d2e.jpg
日光東照宮の雅楽師を務める金谷家の住まい

DSC00535_202211240401084e2.jpg
自宅を改装して外国人向けの「カテッジイン」を開業したのが、日光金谷ホテルの始まり
江戸時代の武家屋敷を譲り受けたので宿泊した外国人からSamurai Houseと呼ばれたそうです。

DSC00537.jpg
三竦みの燈篭 
蛇はなめくじを恐れ、なめくじは蛙を恐れ、蛙は蛇を恐れ…
江戸時代後期に大流行した歌舞伎・浄瑠璃が題材?

DSC00542_20221124040136bd9.jpg
三竦みの燈篭 第二弾

DSC00544_202211240401387d5.jpg
日光市内のお気に入りの場所になりました。
金谷ホテル歴史館 武家屋敷ならではの工夫が随所に見られ当時の様子が偲ばれるところです。

DSC00545.jpg
金谷ホテルベーカリー&レストラン
休日でも混雑を考えなくても良さそう

DSC00546_20221124040141a95.jpg
グリーンスローモビリティを利用してやって来ました憾満ヶ淵
渋滞の影響を受けずに定刻通りにやってきました。

DSC00548.jpg
大谷川沿いにある素晴らしい渓谷美で古くから不動明王の現れる霊地とされています。

DSC00550_20221124040211321.jpg
往年には参拝や行楽に沢山の方が訪れたそうですが、今では訪れる人も疎です。

DSC00553_20221124040211385.jpg
霊庇閣
護摩ご祈祷をする処 対岸に不動明王の石像があったそうですが洪水で消失したそうです。

DSC00554.jpg
この時期ならではの渓谷美

DSC00556.jpg
並び地蔵(別名化け地蔵)
様々なお姿の地蔵が立ち並ぶ信仰の深き場所 行きと帰りで地蔵の数が合わないことが稀にある為についた別名化け地蔵

DSC00559_202211240402372df.jpg
男前地蔵三人衆 一枚目

DSC00561_2022112404024056f.jpg
男前地蔵三人衆 二枚目

DSC00562_20221124040242f43.jpg
男前地蔵三人衆 三枚目

DSC00564_20221124040242779.jpg
永き年月ここに鎮座し祈りを捧ぐ

DSC00565.jpg
さて、お地蔵さんの数は…

DSC00566_20221124040247fdf.jpg
日光市内の紅葉巡り第4弾は、憾満ヶ淵でした。

DSC00567_20221124040246c2a.jpg
グリーンスローモビリティを利用して西参道まで戻ってきました。
流石に渋滞していて時間がかかりましたが良い休憩時間になりました。

DSC00568.jpg
最後にお礼参りの為二荒山神社に立ち寄りました。

DSC00569_20221124040306c86.jpg
二荒山神社は伊勢神宮に次ぐ広大な敷地を有する神社で主祭神は、大己貴命(おおなむちのみこと)で、招福や縁結びのご利益で人気の社です。

DSC00571_20221124040309f33.jpg
一連の行程を終了して神橋に戻ってきました。 
東武日光駅までは渋滞も解消して路線バスも利用することができます。

仲間を誘っての日光市内の紅葉巡りは、天気にも恵まれ楽しい1日でした。
秋の定番になりそうです。




ランキング参加中





WordPress専用クラウド型レンタルサーバー『wpX Speed』



創業50年。老舗の味をそのままご家庭に







2022.11.24 Thu l 日光市内 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿