fc2ブログ
日光田母沢御用邸は日光出身で明治時代の銀行家・小林年保の別邸に
旧紀州徳川家江戸中屋敷の一部を移築し、その他の建物は新築される形で
明治32年に大正天皇の(当時 皇太子)のご静養地として造営されたそうです。

明治期に造営された御用邸の中でも
最大規模の木造建築で本邸が現存する唯一の建物だそうです。


DSC04278.jpg

音声ガイドサービスもあり、当時の様子も偲ばれ
いたるところに、匠の技がひかり、見どころ満載で
あっという間に時間が過ぎてゆく


DSC04338.jpg

貴重な木材の宝庫で
職人の魂の詰まった謁見所



冬季限定(12月15日~1月31日迄)で、三階御展望室を
特別公開していました。
またまたやってきました「日光田母沢御用邸記念公園」



DSC04261.jpg

DSC04278.jpg

二回目の御用邸
時間の経つのも忘れ、気付いたら閉園の時間でした。


DSC04263.jpg

DSC04266.jpg

DSC04281.jpg

照明器具も一つ一つ趣が異なり
見ているだけでも飽きない


DSC04292.jpg

DSC04289.jpg

DSC04290.jpg

江戸、明治、大正の建築様式が混在し
匠の技も随所に溢れる


DSC04308.jpg

DSC04309.jpg

DSC04311.jpg

御玉突所
どのような方々とビリヤード嗜まれたのだろう


DSC04338.jpg

DSC04339.jpg

謁見所 貴重な木材の宝庫
背後の床柱は4面正目の超貴重な品
天井の格子組もすべて正目板 建具はもちろん総漆塗り


DSC04323.jpg

DSC04326.jpg

DSC04340.jpg

障子の桟の一本一本に面取りが施され
和紙の張り方も独特の職人技


DSC04344.jpg

DSC04356.jpg

ここは旧紀州徳川家江戸中屋敷を移築した江戸時代の建物
壁いっぱいに有名絵師の梅の絵が描かれている


DSC04346.jpg

DSC04347.jpg

DSC04353.jpg

時代を感じさせる佇まい
徳川のお殿様が出てきそう


DSC04366.jpg

DSC04370.jpg


冬季限定で公開中の三階御展望室
広大な敷地の銅板葺の屋根が一望できる
青銅色になるにはあと何十年もの年月がかかるそうです。


DSC04373.jpg

DSC04374.jpg

DSC04384.jpg

天皇家のみ使用が許された16枚の菊の御紋で
大変貴重でこんな真近で見ることはめったにできないそうです


DSC04377.jpg

DSC04379.jpg

上: 大正天皇が幼少期過ごされた場所だそうです
下: 天皇に即位されて増築した部分で屋根に菊の御紋が


DSC04389.jpg

DSC04393.jpg

三種の神器のうち
二つを収める神聖な場所


DSC04394.jpg

DSC04395.jpg

DSC04397.jpg

となりは天皇陛下の寝室
照明器具はなく燭台があるのみだそうです


DSC04402.jpg

DSC04398.jpg

DSC04400.jpg

朝の儀式を行う場所


DSC04409.jpg

DSC04410.jpg

DSC04412.jpg

天皇陛下が普段お過ごしになる所
現代でいう居間


DSC04413.jpg

DSC04415.jpg

DSC04416.jpg

旧紀州徳川家江戸中屋敷に別れを告げ
明治時代の銀行家 小林年保の別邸へ


DSC04424.jpg

DSC04419.jpg

こちらは御食堂
普段の食事をされる場所



DSC04428.jpg

DSC04430.jpg

樹齢400年と云うシダレサクラ


DSC04435.jpg

DSC04433.jpg

DSC04436.jpg

皇后さまの居室
明治時代の銀行家 小林年保の別邸
造り、使用している木材、飾り金物これもまた違った趣がある


DSC04440.jpg

DSC04441.jpg

DSC04438.jpg

照明器具も皇后さま仕様


DSC04443.jpg

DSC04446.jpg

DSC04445.jpg

居室 別角度から
普段出入りをされるのだろう照明器具も漆塗り


DSC04453.jpg

DSC04454.jpg

DSC04452.jpg

やさしい暖かさが感じられる照明器具


DSC04458.jpg

DSC04461.jpg

皇后さまの謁見所
天皇陛下の謁見所に次貴重な場所だそうです


DSC04462.jpg

DSC04463.jpg

DSC04464.jpg

じっくりとひとつひとつ見て回ったら気付けば閉園時間
改めて日光田母沢御用邸の貴重性重要性が感じられました



最後までご覧いただきありがとうございました。
良い一日でありますように…
2015.01.25 Sun l 日光市内 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿